日本の高齢者の実態調査で駒込を訪問

12 月  15  日 (  日 )3時半から約1時間、 アメリカの調査会社・Carter Group MRN の調査員(台湾女性1名、英国男性1名、日本人女性1名)とクライアント(米国からの男性1名、女性2名)と当会会員3名が高岩寺を見学後、懇談をしました。ロボット開発に携わっているクライアントからの依頼で、調査員が日本の高齢者が必要とするロボットの役割が何かを知るために来日されました。

 

懇談では「 ガイドをして楽しい事は?」
「ガイドをしていなかったら何をしていたでしょうか?」
「ガイドをしてない日は何をしていますか?」

「ロボットに何をして欲しいですか?」
「ロボットは何をしてはいけないでしょうか?」
「ロボットがあなたの家にいたら何をして欲しいですか?」
など色々な質問がありました。
私たちからの「 どのように我々の活動を知りましたか?」の問いに
「日本の高齢者事情を知るために巣鴨に来て、文化創造館に立ち寄りチラシを見つけて電話をかけました。そして今回の対談につながりました。」ということでした。
「なぜ、巣鴨の街歩きに興味をもちましたか?」と聞くと調査会社の1人は「王子に住んでいて、巣鴨に商店街があるのを知っていました。以前に谷中を歩いたことがあったので、今回は違う商店街も見たくて巣鴨を選びました。」という答えが返ってきました。和やかな雰囲気の中で、1時間余りの懇談は終了しました。

懇談後、巣鴨地藏通り商店街にあるマルジに案内をしてお別れをしました。

紅葉の六義園と駒込の分譲住宅地・大和郷

2月8日(日) 昨日の小雨にから一転、晴天の中、NPO法人東京腎臓病協議会30人余りの方の六義園〜大和郷〜巣鴨地蔵通りツアー案内を実施しました。

 

 

六義園では緑から紅の色のグラデーションが素晴らしく「錦繍」の秋を堪能しました。

大正時代に始まった高級住宅地の代表である大和郷の散策では、区画整理をした「碁盤の目」といわれる街路を見てびっくりされていました。

 47億円の高級住宅の外観見学
とげぬき地蔵の「高岩寺」でお寺の由緒と地蔵通り商店街の紹介をして2時間30分の案内を終了しました。
皆様、お疲れさまでした。

西巣鴨駅から明治女学校跡・巣鴨庚申塚を通り高岩寺へ

12月8日(日)は甲南一期会(甲南高校卒業生のグループ)の皆様を
西巣鴨駅でお迎えし、巣鴨地藏通り商店街まで案内をしました。

 

江戸三大閻魔像の善養寺・四谷怪談お岩さんのお墓の妙行寺・大都映画撮影所跡を歩き、千川上水公園公園(地下には、江戸時代に水流を調節するために設けられた分水堰や六義園に水路を引くために作られた由緒ある沈殿池が残っています)や明治女学校跡を通り、とげぬき地蔵の高岩寺までを2時間で案内をしました。

明治女学校跡の碑
巣鴨の庚申塚

皆さん、西巣鴨は初めてということで寺町には興味を持たれたようでした。
中山道や明治女学校の話にも興味津々でした。
地蔵通りでお買い物を楽しみにしているとのことで、高岩寺までお送りして
解散しました。

アレンジコースの都営三田線西巣鴨駅からJR巣鴨駅まで

12月4日(金)午後 「史友会」の方から希望された西巣鴨のコースを2時間で歩きました。

大都映画巣鴨撮影所跡
善養寺
妙行寺
延命地蔵尊

コースは
大都映画巣鴨撮影所跡善養寺(江戸三大閻魔がある)妙行寺(お岩さんの墓所)盛運寺西方寺延命地蔵尊明治女学校跡都営荒川線庚申塚駅庚申塚巣鴨地蔵通り商店街高岩寺真性寺 JR巣鴨駅で解散です。

当日は12月にしては風もなく暖かく、地藏通り商店街は4の日の縁日で
沢山の人が買い物などを楽しんでいました。グループの方は人の多さに驚かれたようでした。

   明治女学校跡・巣鴨地蔵通り商店街

 

史友会の皆さんは、歴史研究の愛好会で、毎月のように都内近郊だけではなく泊りがけの街歩きもなさっているとのこと。西巣鴨のお寺にも、とても興味を示していただきました。「是非、また違う季節にお伺いしたい」と、大変ありがたいお言葉をいただき、巣鴨駅でお別れしました。

今回はグループで申し込みをしていただき、当会の定番コースにアレンジを加えて、街歩きを楽しんで頂きました。

ホームページの団体申込書でも受付をしています。ご希望される方は御一報を!!

 

 

早稲田・東洋・帝京大学留学生の巣鴨街歩きと餅つき

11月24日(日)早稲田大学6名,東洋大学4名,帝京大2名の外国人留学生が巣鴨地藏通り商店街をガイドと共に歩き、染井よしの町会主催の餅つき大会に招待され、餅つきを楽しみました。

参加者は台湾・中国・ベトナム・韓国・ウズベキスタンの国々からの留学生です。巣鴨駅を出発し、地藏通り商店、染井霊園、染井よしの町会の餅つき大会まで、2時間の行程でした。

今ではなかなか見られなくなっている餅つき。昨年に続き今年も当会が招待され、留学生が餅つきを体験させていただきました。お雑煮やからみ餅がおいしく、学生たちも大変喜んでいました。
そして町会という地域共同体の協力による活動に参加できて、感動したのではないか思います。

「染井よしの町会」主催の餅つき大会の来場者数は約700人、ほか町会
スタッフ約50人。臼(大人用)3基 (子供用)1基。もち米 100㎏。
辛味餅の大根は会場横の畑で、染井よしの町会の環境部「四季の会」が
この日に備えて種から植えたものでした。
  

染井よしの町会の人たちの暖かな歓迎でみんな楽しい体験ができました。

町会の皆様 ありがとうございました🎶

 

 

JICA高齢化対策トレイニーの巣鴨地蔵通り案内

ようこそ巣鴨へ。2019年11月16日 JICAの研修で日本を訪れている、スリランカ、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア6カ国から10人の方々を巣鴨地藏通り商店街を案内し、街歩き後は当会の会員との懇談をして交流しました。

懇談ではJICAの方から「日本の高齢者が元気にガイドしているそのモチベーションを聞かせて下さい。」という問いがありました。

当会のボランティアガイドは「 退職後、時間にゆとりができ、地元の歴史について調べると沢山の発見があり、それを発表できること。そうすると興味を持ってもらえ面白かったと言われる。それが楽しみになって元気をもらっている。楽しいボランティア活動なので続けていられる」など生きがいを持ってシニアライフを送っている状況をお話ししました。

JICAの皆様、今回の巣鴨街歩きと歓談会を楽しめていただけたでしょうか?

「としま案内人駒込・巣鴨」では駒込、巣鴨を拠点として年に数回の街歩きツアーを開催しています。12月は「六義園の紅葉と周辺ツアー」、
来年の1月は「新春 初夢 街歩き」を企画しています。

募集はこのホームページや「広報としま」などでお知らせしています。
皆様の参加をお待ちします。

 

 

 

としまガイド養成講座 フォローアップ研修

11月16日(土)の穏やかな秋晴れの日、地域文化創造館主催、
近隣区で活躍しているガイドボランティアとの交流を目的とした
講座「他自治体のガイドツアー見学in板橋」に当会から3名が参加しました。

 どんな交流ができるのか楽しみです🎶

“いたばし観光ボランティア「もてなしたい」”の案内で旧中山道を板橋駅前から出発です。

 「新選組」近藤勇の埋葬当初の墓石

旧中山道は日本橋から三条大橋までの135里32丁69宿あり、板橋宿は日本橋から板橋の橋袖まで2里25町33間あり、〈1里➡3927m=36町=2160間)日本橋からの最初の宿場でした。

玉川上水を水源とした千川上水は元禄9年に本郷・下谷・浅草方面の飲料水等のため造られた水路です。写真は現在、暗渠化されている川の蓋と”むすびのけやき””りんりんちゃん像”

東光寺には関ヶ原で徳川家康と戦い敗れて八丈島に流された、宇喜田秀家の墓があります。庚申塔での説明は分かりやすく興味をひく話で、参考にしたいです。

”いこいの家”での交流会は「いたばし観光ボランティア」の方々に活動について他ボランティアガイドからの質疑応答で、とても有意義な時間を持ちました。次回も期待をしています。

お世話をして下さいました皆様、ありがとうございました。

 

駒込図書館とコラボ➡駒込界隈文学散歩

11月10日(日)13:00~15:00
駒込図書館主催の駒込に関連した本を使っての文学散歩に
当会ガイドが街の案内役として参加しました。

駒込図書館の方が岩崎京子著「花咲か」と川添登著「東京の原風景」を使いながら江戸時代から明治時代に活躍した植木屋の足跡をたどりました。
としま案内人が本に出てくる場所を案内する形で街歩きを楽しみました。 染井吉野桜記念公園で参加者11名が集合

「花咲か 七軒町 植木の里」の碑がある「私の庭 みんなの庭」では本に出てくる植木屋の話を実証しました。

専修院では伊藤伊兵衛の「武江染井翻紅軒霧島之図」を拝見させて頂きました。

 

駒込、染井、巣鴨は江戸を代表する植木屋の地で、菊づくりも盛んでした。この写真は眞性寺の菊祭りです。

今年は駒込図書館主催の文学散歩に「街歩きガイド」として”春の桜・つつじ”そして”秋の菊”をテーマにした楽しい街歩きに参加しました。

お客様も満足してお帰りになり、私たちも嬉しいです🎶

 

 

早稲田大学外国人留学生の巣鴨街歩き

11月5日(火)秋晴れの中、早稲田大学外国人留学生35名を当会の英語部会員4名とベテラン会員2名が巣鴨地藏通り商店街を案内、早稲田大学の社会人ボランティア6名と学生1名、大正大学学生5名がサポート、グループ分けされた留学生の課題の沿って街を探索しました。

A~Gに分かれたグループのグループGは●とげぬき地蔵を手拭いで拭く一番多い部位は?をテーマに洗い観音で順番待ちの参拝者にインタビューをして、どの部分を洗おうと思っているかを聞き、それぞれの箇所に正の字を書いていました。もう一つのグループは、洗い観音の横に立ち、実際に洗っている場所を正の字で書き取っていました。
この2つの情報をもとに、レポート作成するとのことです。

他のグループは
●巣鴨で鴨と猿がどんな関係にあるか?
●年配の人に人気がある和菓子は何か?
●若者にとっての巣鴨と、年配の人にとっての巣鴨の比較
●赤いパンツはなぜ人気があるか?(台湾では賭け事の時の縁起かつぎ)
●お菓子おすすめランキング
●おみやげ人気ランキング
などでした。

皆様お疲れさまでした。

 

『駒込文化祭り』にパネルを展示

10月26日(土)、27日(日)の2日間、駒込地域文化創造館で、第36回駒込文化祭りが開催され私たちの1年間の活動実績をパネル展示し、見学していただいた方々に説明をしました。

今回は「各種団体との連携」がテーマです

小学生・大学生・訪日外国人のグループ、地域文化創造館、図書館等と連携をしたガイド活動や講演等を発表しました。多くの来場者に足を止めていただき、説明をさせて頂きました。

会員はピンクのベストを着用して笑顔😊で”としま案内人駒込・巣鴨”の活動を案内をしました。

 

 

 

 

多くの方にパネルを見ていただき、私たちの活動に興味を持っていただけました。

次回の街歩きは六義園と大和郷を歩きます。
豊島区「広報としま」・「ホームページ」等で募集内容をお知らせします。
皆様のご参加をお待ちします。