大正大学社会教育学生の街歩きをサポート

1時間目 ボランティア活動って何だろう

6月13・20日(水)の両日、大正大学の授業として「としま案内人駒込巣鴨」の会員がボランティアガイド活動について、約3時間半の講義をしました。

1日目の学生8名と大正大学の出川先生、「としま案内人駒込・巣鴨」の会員の授業風景です。

 

 

2時間目 街歩きのコースを説明
3時間目 家系図から現代の街を紐解いていきます。興味のある方は会主催の活動にご参加下さい。

6月20日(雨)

街歩きです。学生の参加者は14名。

コースは大正大学➡高岩寺➡染井霊園➡さくらの里公園➡門と蔵広場➡駒込地域文化創造館までを歩き出川先生と会員6名で振り返りミーティングを行いました。

巣鴨通り商店街から出発です
染井霊園で著名人の墓の前で故人のエピソードなどを紹介!

 

旧丹羽家の蔵と門のある公園・さくらの里公園でソメイヨシノ桜の苗を育てていることも説明。

全員でパチリ!!

杉並区に移設が決まっている荻外荘(近衛文麿の旧宅)を見学し、明治時代の風を感じました。

まとめのミーティングでは大学生からたいへん興味深い意見がありました。

この経験から駒込、巣鴨、豊島区に興味を持って楽しんで頂きたいと思います。

 

 

 

シニアの再チャレンジを支援する会の講演を終えて

立教大学 セカンドステージを終了した方々が立ち上げた「シニアの再チャレンジを支援する会」での「ボランティア活動養成講座」の講演が終了しました。1回目は【会の活動の目的】

2回目の講演は【会の現状】【ボランティアガイドとプロガイドとの違い】

3回目は駒込駅に集合し染井霊園で、【一人一人の実践ガイド】でした。受講生の皆さんは事前の練習の甲斐があってか、とても分かりやすくユーモアもあり素敵でした。皆様、フィールドワークも楽しめたのではないでしょうか。

笑いも交えてお話するこれも大事ですね

4回目の講座は【ガイドを実際に始めるにあたって準備すること】【上手なガイドのノウハウ】でした。

  地域ボランティア活動に興味のある方 ご連絡をお待ちします

 

 

 

 

街案内ボランティア活動に興味を持っている方に

としま案内人駒込・巣鴨」の会員がNPO法人『シニアの再チャレンジを支援する会』主催のボランティア養成講座の中で4回に分けてボランティア活動の                    

・役割り

・プロのガイドとボランティアガイドの違い

・「としま案内人」の活動など講演します

             ・4回講演の最終回は約60分の街歩きです 

ガイドボランティアに興味のある方は『シニアの再チャレンジを支援する会』へお申し込みを

 

 

 

 

 

大正大学の講義のお手伝い

大正大学・地域創生学部の1,2年生の講義の中で巣鴨フィールドワークのお手伝いをしました。7月10日は2年生4グループ・7月13日は1年生7グループの学生を大学周辺の史跡や店舗に案内しました。

打ち合わせをして出発です。

巣鴨地蔵通りの遺跡発掘現場を見学し、江戸時代の瀬戸物を見る。

先生からまとめの講義です。