旧古河庭園のバラと飛鳥山公園の紫陽花

6月8日(金)は14名、9日(土)は8名の参加者で古河庭園から飛鳥山まで、2時間半を掛けて周ってきました。両日は晴天に恵まれて少し暑い中でしたがお花と神社をたのしんできました。

御殿前遺跡跡は先土器時代から近世にわたる複合遺跡です。

七社神社には茅の輪(半年間の罪をはらう大祓に使用)が6月1日から7月7日まで設置されていて案内人も輪をくぐってきました。

 

旧渋沢庭園の中にある書庫として建設された青淵文庫のステンドグラスと晩香盧です。渋沢栄一は1867年のパリ万国博覧会の幕府使節の一員として渡仏し帰国後、さまざまな企業の設立にかかわりました。

飛鳥山の象徴の飛鳥山碑

北村西望の平和の女神像

 飛鳥山の紫陽花は満開でした。

飛鳥山の紫陽花を見たことがない方々が多くこんな満開の花を見られて満足されたようでした。

日比谷公園と外国とのつながり・銀座の裏通りを歩く(自主研修会)

5月4日(金曜日)に日比谷公園と銀座通りを探索してきました。普段、何気なく見過ごしていた像や石・木・道・建物の成り立ちを詳しく説明してもらい、とても有意義な自主研修でした。(案内は当会の会員です)

日比谷公園で記念撮影

 日比谷公園は江戸時代、松平備前守など大藩の屋敷が置かれていました。明治時代には陸軍練兵場となり、1893年 (明治26年)に東京市が郡から払下げを受け、正式に日比谷公園と命名されました。

日比谷公園ではホセ・リサールの胸像やヤップ島から運ばれた石貨、北極航路開発記念碑、自由の女神像、ルーパ・ロマーナ像、自由の鐘、首かけイチョウ、松本楼などを見学しながら歴史を学んできました。

 

  

 

 日比谷シャンテ前のゴジラ像を下から撮る

銀座から新橋までは新しいビル,ガス灯、やほとんど見過ごされてしまいそうな裏通りを歩いてきました。お稲荷様も八丁堀の工事現場で見つかった江戸時代に使われていた木製の水道管もひっそりと置かれていました。裏通りは人が一人通れる程の細い路地でした。(写真は撮影場所は緑字)

余裕を持たせた楽しいウオーキングです

中山道の二日目は大正大学➡千川上水分水堰➡亀の子束子➡平尾の一里塚➡近藤勇墓所➡東光寺➡観明寺➡板橋本陣➡文珠院➡中宿脇本陣➡板橋➡縁切り榎

尾商西店亀の子束子は明治40年開業した
いたばし観光センターで板橋の歴史についてお話を聞いてますます興味が湧いてきました
江戸時代より前に建立された庚申塔?

 

板橋本陣跡
仲宿を歩き板橋(石神井川にかけられた)から縁切り榎へ

 

初代榎は明治17年の大火で焼け現在は3代目