旧中山道を巣鴨駅前から縁切り榎まで

「としま案内人 駒込・巣鴨」の定番案内コースの“旧中山道ツアー”を巣鴨駅前から大正大学までを19日(金曜日)・20日(土曜日)は大正大学から板橋区の縁切り榎までと区切り2日間で歩きました。

土曜日・日曜日の両日参加の方は4名で、全体で18名の参加でした。このコースを“1日で完結できないか”という意見もあり次回はもっと工夫をしてコース作りをしていきます。

 

巣鴨駅前から見る旧中山道。地藏通り商店街のソーラーパネルが見えます。

 

 

 

眞性寺は江戸時代から中山道を下る旅人を見守ってきました。江戸庶民、約1万2千人の寄進により作られたといわれ、台座にも寄進者の名前が刻まれています。

 

 

 

巣鴨庚申塚の由来や庚申信仰について説明しました。

 

 

 

女子教育発祥の明治女学校跡。明治18年設立、明治30年に巣鴨に移転してきました。校長は巌本善治(染井霊園に墓がある)ここで学んだ有名人についてもお話をしました。

 

 

 

 

延命地蔵尊は中山道で行き倒れになった人馬の供養塔です。地元の人も良く知らない所も詳しく説明をしていきます。

 

 

千川上水公園

江戸時代の飲料水として玉川上水から分水し豊島区内を流路として六義園、本郷、湯島まで流れていました。時代と共に用途は変化していきます。

 

東光寺

この辺りから加賀藩前田家下屋敷がありました。この寺に宇喜多秀家の墓があります。さて、どういう経緯でここに墓があるのでしょうか?このような解説も取り入れた案内をしています。

 

 

 

 

観明寺の庚申塔

この塔は江戸時代初期に作られ板橋区内では最古の庚申塔といわれています。

 

 

 

仲宿にある文殊院には板橋宿にあった遊郭の遊女の墓があります。墓石に「遊女の墓」とあります。

20日は大正大学➡千川上水公園➡亀の子たわし西尾商店➡平尾一里塚➡近藤勇墓所➡東光寺➡観明寺➡遍照寺➡板橋観光センター➡板橋本陣➡高野長英潜伏場所➡文殊院➡縁切り榎と回りました。

 

縁切り榎

嫁入りの行列が通ると縁が切れると言われ、皇女和宮が降嫁の際、ここを避けて新道を通ったという逸話があります。今回はここで解散です。

参加していただいた方々、ありがとうございました。時間が少しオーバーしてしまい申し訳ございませんでした。

5月24日(金)・25日(土)に染井霊園ツアーを予定しています。ホームページでは5月1日(水)から募集を行います。

ご応募お待ちしています。

 

 

 

 

 

沢山の方々と満開の桜を満喫しました

3月29日(金)・30日(土)の午前中は恒例の「ソメイヨシノの里 駒込・染井を訪ねる」桜ツアーで染井吉野桜記念公園から高岩寺までを約2時間で歩きました。

3月30日(土)の午後は東洋大学・帝京大学の6ヵ国の外国人留学生15名を お花見と”染井よしの町会”の桜まつりに案内をしました。留学生は満開の桜と染井よしの町会のご招待で参加したお祭りに大満足でした。

3月31日(日)はNPO法人日本景観フォーラムの皆さんの「ソメイヨシノのルーツを訪ねるツアー」をガイドしました。

桜ツアーはいつものように染井吉野桜記念公園から出発です

 

妙義神社の桜
”花咲か七軒町植木の里〝 の碑があります
私の庭みんなの庭、作物栽培をしています
門と蔵のある広場 腕木と呼ばれる梁で屋根を支える腕木門と呼ばれる形式の門
蔵の前にある桜
旧丹羽家の蔵は国の登録有形文化財建造物に登録されています
西福寺前の桜の回廊 曇り空が少し残念‼
西福寺、隣にある染井稲荷神社 。伊藤伊兵衛が奉納した十一面観音石像がある
染井よしの町会主催の桜祭りに留学生が参加させていただいています

 

みんなで仲良くパチリ

焼きそば美味しいね!

「NPO法人日本景観フォーラム」の皆さんの ”桜のルーツを訪ねるツアー” でソメイヨシノの苗木を見学

留学生は天理教教務庁へ向かう坂の桜を楽しみました
霊園の桜
水原秋櫻子の墓の前で
馬酔木(あしび・あせび)の花。秋櫻子と関係が!

 

染井霊園の中にある外人墓地
染井霊園に1本ある大島桜

 

 

 

 

 

金・土の桜ツアーは高岩寺で解散です

桜を巡るツアーは2日間、4回のガイドをしました。青い空、曇り空や寒い日もありましたが、皆さんソメイヨシノの解説や染井霊園、西福寺前の満開の桜に満足されたことと思います。

皆様ご参加ありがとうございました。染井よしの町会の皆様ありがとうございました。

次回は中仙道ツアーです。

講演会 【妙義神社・駒込 よもやま話】

3月23日(土)18時から約2時間の文化講演会を開催しました。場所は駒込妙義神社、岩井宮司様による礼法をお聞きしてからの「妙義坂 子育地蔵尊とお堂」を建立した今井家子孫の今井孝之先生の講演です。

駒込妙義神社宮司様による礼法の案内
講演は電子ピアノの演奏から始まりました
プロテクションベースで映画やドラマを使っての説明です
駒込や妙義神社の歴史を分かりやすく説明

参加者は会員20名、駒込図書館、としま案内人長崎町、としま歴史文化探検隊の方々、総勢25名の中で今井先生の【「今井家家系図」と「妙義神社縁起」を紐解く】の講演が始まりました。

駒込と今井家の関連や妙義神社に関しての話も分かりやすく楽しく聞くことができました。

 

 

夜の駒込妙義神社です。 ご参加頂きました方々ありがとうございました

『さくらの名所ツアー』 by駒込図書館&としま案内人 駒込・巣鴨

3月21日(木曜日)の午後、天気予報に反して快晴の中を染井吉野桜記念公園から高岩寺まで歩きました。

 

 

駒込図書館主催の『さくら名所ツアー』は駒込の桜の名所を巡りながらその場所に関わりのある本を紹介していくという🌸桜や駒込・読書好き♪な方にはたまらない企画です。このツアーガイドを「としま案内人 駒込・巣鴨」が務めました。昨年の3月・11月に続く3回目のツアーガイド協力です。

門と蔵のある広場 植木屋丹羽家屋敷跡 藤堂家裏門前で
蔵の中で古地図の説明をしています
ワシントンDCからの里帰りの桜の前で本の紹介
西福寺前の桜並木。もう少しで満開?
西福寺所有の古文書「念仏講帳」を特別に拝見
伊藤伊兵衛三之丞・政武父子による「地錦抄」
西福寺のご住職のお話も聞けました
染井よしの桜の里公園の桜も1週間後は満開でしょう
昨年2月に接ぎ木をして植えた、ソメイヨシノの苗木はだいぶ大きくなっています
染井霊園にある大島桜の古木の前でチョットうんちく話
幕末の写真師 下岡蓮杖の墓の前で本の紹介
高村光雲・光太郎・智恵子の墓もあります

駒込図書館さんの本の紹介ツアーと駒込の西福寺様のご協力で私たちも貴重な街歩きができました。参加された方々、図書館の皆様、ご住職ありがとうございました。

 

社会貢献活動見本市で入賞しました

2月23日(土)NPO法人 としまNPO推進協議会と豊島区地域活動交流センター運営協議会主催・豊島区が共催の第13回社会貢献活動見本市が豊島区役所センタースクエアーで開かれ、パネル展示表彰で最高ランクの「日本自動ドア株式会社賞」を受賞しました。

会の活動を紹介したパネルと会員の写真です
当日はみんなで楽しく協力して展示作業をしました
ピンクのベストと緑の帽子が会員の目印に!

高野区長はじめ沢山の方々が展示内容の説明に耳を傾けてくださいました。

今回の展示は色々な団体や大学との連携・英語ガイド活動をテーマに写真を中心に発表しました。

 

 

皆様の投票で受賞できました。ありがとうございます。

 

 

北風の冷たい中での散歩でしたが・・・

染井吉野記念公園」から出発です

世田谷生涯大学自主研究会の皆さん29名に駒込駅前から巣鴨の高岩寺まで世田谷とは違った雰囲気を楽しんで頂きました。とても寒い日でしたが、皆さん歴史に残る偉人の話などに耳を傾けながら元気に歩かれました。

みんなの庭「花咲か七軒町 植木の里」
鉄筋コンクリート造りの旧丹羽家蔵は築70年以上経過しています
染井よしのの里公園で河津桜が可愛く一輪
地域の力でソメイヨシノの苗木を育てています
慈眼寺の芥川龍之介の墓の前でご説明

 

本妙寺にある明暦の大火供養塔や千葉周作の墓をご案内
高岩寺の前で全員集合!!
解散前に染井霊園に眠っている人達をチョットご紹介

JICA研修参加者の巣鴨・街歩き

ガーナ・イラク・ラオス・アフガニスタン・タンザニア・ザンビア・ウズベキスタンからみえた11名の方々を巣鴨地藏通り商店街にご案内しました。案内係は英語部会員と巣鴨を知り尽くしている会員がサポートをしました。

1月26日(土)の午後、巣鴨駅前から出発です。

 

眞性寺を英語で説明!!

お買い物はどの国の人も楽しいですね!!

 私達から栞などのお土産です

当日は時間が経つにつれ気温が下がり、冷たい風も吹きたいへん寒くなりました。暖かい国からの方々が多かったので、かなり寒かったのではないでしょうか。手袋を買って手を温める方もいらっしゃいました。

皆様、巣鴨のお寺や買い物を楽しんで頂けましたでしょうか?

GUIDE YOU  IN  ENGLISHは巣鴨地藏通り商店街で案内した場所を載せています。

新春1回目の街歩きは一富士二鷹三茄子

初夢に見ると縁起の良いとされている一富士二鷹三茄子。四と続く縁起の良いものは何でしょうか?などと皆さんに問いかけながら、駒込近辺の富士・鷹・茄子を巡ってきました。

1月18日(金)19日(土)は快晴ながら寒い日でしたが、駒込駅前の吉野桜記念公園に10時に集合し、皆さん頑張って2時間のコースを歩きました。

駒込駅前の染井吉野記念公園で予定と注意事項を聞いて、「さあ!」出発です

 

木戸孝允別邸を明治天皇が訪問をした、という碑

江戸時代に流行した富士講の信仰対象として本郷に作られた富士神社】が明暦の大火後、駒込に移転してきました。

天祖神社と鷹匠奉納の石碑です。【御鷹匠屋敷は今の都立駒込病院地で痕跡は天祖神社鳥居わきにある写真の碑で分かります。

  吉祥寺の山門と榎本武揚のお墓。JR中央線の吉祥寺駅との繋がりや榎本武揚の話をしました。

目赤不動(南谷寺

 

目赤不動(南谷寺)は江戸五色不動(目黒・目白・目黄・目青)のひとつで、五行思想の5色からきている。江戸の町を不動明王の霊力で守ってもらいたいという気持ちをあらわしています。

 

 

 

 

駒込土物店跡。ナス・大根・カブ・人参など土の付いたままの物を江戸へ運ぶ休憩地としていた人々が集まりはじめ、市場となりました。ここが新春ツアーにある【三茄子】です。皆さん寒い中お疲れさまでした。