大正大学社会教育学生の街歩きをサポート

1時間目 ボランティア活動って何だろう

6月13・20日(水)の両日、大正大学の授業として「としま案内人駒込巣鴨」の会員がボランティアガイド活動について、約3時間半の講義をしました。

1日目の学生8名と大正大学の出川先生、「としま案内人駒込・巣鴨」の会員の授業風景です。

 

 

2時間目 街歩きのコースを説明
3時間目 家系図から現代の街を紐解いていきます。興味のある方は会主催の活動にご参加下さい。

6月20日(雨)

街歩きです。学生の参加者は14名。

コースは大正大学➡高岩寺➡染井霊園➡さくらの里公園➡門と蔵広場➡駒込地域文化創造館までを歩き出川先生と会員6名で振り返りミーティングを行いました。

巣鴨通り商店街から出発です
染井霊園で著名人の墓の前で故人のエピソードなどを紹介!

 

旧丹羽家の蔵と門のある公園・さくらの里公園でソメイヨシノ桜の苗を育てていることも説明。

全員でパチリ!!

杉並区に移設が決まっている荻外荘(近衛文麿の旧宅)を見学し、明治時代の風を感じました。

まとめのミーティングでは大学生からたいへん興味深い意見がありました。

この経験から駒込、巣鴨、豊島区に興味を持って楽しんで頂きたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です